内視鏡 静岡県静岡市葵区 消化器外科・肛門外科・内科・小児科 大腸カメラ 内視鏡 ALTA療法/アルタ療法 ジオン注痔の硬化療法 痔の日帰り手術

  • みなさまへ
  • 肛門科・消化器外科・アルタ/ALTA
  • 小児科
  • 診療ご案内
  • HOME

痔の日帰り手術

痔の種類について

 痔は肛門にできる病気の総称です。ただし癌などの悪性腫瘍は除きます。中でも
  ①痔核
  ②裂肛
  ③痔瘻(じろう)
 がその代表です。

痔核について

 肛門を閉じるクッションの役割をするゴムパッキン(内時静脈叢・ないじじょうみゃくそう)が、排便時のいきみなどが原因で腫れてくる病気です。排便時に出血する、肛門に違和感があるなどが最初の症状です。腫れが大きくなると残便感がでてきて、より強くいきむようになり痔核が肛門から出てくるようになります。そのままにしておくと肛門内の皮膚部分までが脱出してくるようになります(外痔核成分)。
 排便時のいきみを気をつけたり、トイレに長くこもらないようにしたり、ゆっくり入浴して肛門を温めたり、軟膏を使用したりで治療していきます。症状が出血だけの方や、肛門に違和感を感じる程度であれば、手術をしなくても改善していきます。しかし痔核が脱出してくるようになると、残便感から自覚が増悪していくケースが多く、マイクリニックでは日帰り治療をお勧めしています。

痔核

裂肛について

 硬い便を無理に出したり、下痢などで肛門に力が加わった時に、肛門内の皮膚が裂けてしまう病気です。通常は紙で手を切った時のように薄くて浅い傷で、次の排便までに傷は治っていることが多いです。排便時にたまたま切れてしまうことは誰にでも経験があることだと思います。しかし排便のたびに切れてしまう、排便後もしばらく痛みがあるという方は治療の対象になります。便秘や下痢があるならその改善や、軟膏による保存的治療を行います。裂肛を繰り返していると、傷が深くなってしまい治りにくくなります。慢性裂肛になると傷のすぐ裏側にある括約筋まで炎症が波及し、括約筋が過度に緊張した状態になります。そして裂肛を繰り返している部分が瘢痕(はんこん)となってさらに切れやすい状態になり、肛門内にポリープや肛門皮膚に見張りイボができてきます。軟膏を長期間使用しても治らない裂肛に対しては、マイクリニックでは日帰り治療をお勧めしています。

裂肛

痔瘻(じろう)について

 肛門には便を滑らかに排出するための粘液を産生している肛門腺、粘液を分泌する穴である肛門陰窩(こうもんいんか)があります。下痢などが原因で肛門陰窩に便が入り込むと、肛門周囲膿瘍となることがあります。肛門周囲膿瘍は排便に関わらず痛みや熱感を伴います。膿瘍(のうよう)ができると肛門周囲に穴が開いて膿が出てくるようなり、肛門内と肛門外がつながるようなります。これが痔瘻(じろう)です。痔瘻には様々な形態があり、複雑な病気です。痔瘻は保存的治療では治らず、手術をすべき病気です。マイクリニックでは日帰りで手術を行っています。

裂肛

痔の日帰り手術について

マイクリニック大久保では、あらゆる痔の治療に対応しております。そのすべてが日帰りで手術できます。

内痔核の手術

ALTA療法/アルタ療法
 メスを使わない、切らずに治す痔核の治療法です
 まさに痔の治療革命

 内痔核であれば、硬化療法で簡単に治せます。内痔核四段階硬化療法(ALTA療法/アルタ療法)は、痔に直接、ジオン注という薬剤を注射することで治療します。ジオン注の主成分は、植物のミョウバンです。四段階とは1つの痔核を四つの区画に分けて、ジオン注を偏りなく注射していくからです。注射直後から痔核への血流は遮断され、無菌性の炎症を起こします。その修復過程で痔核は繊維化し縮小していきます。治療直後から出血や脱出がなくなり治療効果を実感していただけます。
 注射自体も痛みを感じることのない粘膜、粘膜下層に注射しますので、痛みは伴いません。ただし痔核が腫れてくる違和感を感じる方はお見えになります。所要時間は5分から10分程度。もちろん日帰りでできる治療で、治療後1時間休憩していただき、お車の運転でも帰宅できます。帰宅後はすぐに日常生活に戻れます。通常翌日、1週目、1か月の診察で終了となります。痔核の治療概念は、ALTA療法/アルタ療法の登場によって大きく変化しました。これまでの痔の治療法は、薬物療法か手術療法でしたが、低侵襲のALTA療法の登場で、これまで長年薬物治療を行っていた患者さんで、手術をするまでひどくない患者さんも、よい適応となります。

内痔核

 内痔核は大きくなると肛門内の皮膚部分ごと一緒に肛門の外へ脱出してくるようなります(肛門管内外痔核)。ALTA療法の効果が期待できるのは内痔核のみです。ある程度までの肛門管内外痔核であればALTA療法で内痔核を縮小させれば、肛門管内に引き込まれ治癒することもあります。肛門管内外痔核が大きかったり、外に出っ放しになった外痔核に関しては追加治療を検討します。

「四段階注射法」と治療効果

内外痔核の手術

ALTA療法+分離結紮術(ぶんりけっさつじゅつ)

 従来であれば、大きな痔核に対しては、内痔核成分と外痔核成分を区別することなく一塊に切除していたので、欠損部分がかなり大きくなり、痛みや術後出血など患者さんの負担が大きいものでした。マイクリニック大久保では、内痔核成分にはALTA療法を行い、ALTA療法の効果が乏しい外痔核成分のみに分離結紮術を追加する形で、ほとんどの痔核にALTA療法を適用し、より低侵襲で根治性のある手術を行っています。ALTA療法の部位に痛みはなく、外痔核成分に対する傷が小さいため、術後の痛みや体への負担がかなり少なくてすみます。結紮した部位は2週間以内に自然と脱落し、術後1ヶ月には傷はふさがります。傷の治ったあとが小さく、軟らかいのが特徴です。もちろん日帰り手術で、術後1時間で帰宅可能です。仕事もお休みされず、翌日普通に出勤される方がほとんどです。中には翌日にゴルフをしたり、走ったりされる方も・・。

内外痔核の手術

裂肛の手術

 裂肛は基本的には肛門に軟膏を注入して治療していきます。軟膏で改善しなくなってしまった裂肛には手術が必要となる場合があります。

①側方皮下内肛門括約筋切開術(LSIS)
 括約筋の過度の緊張が原因で、排便時に切れ痔を繰り返す方に行います。局所麻酔で小さな傷から括約筋を少し切開し、肛門を少し拡げてあげます。手術後、排便時の痛みが劇的に改善する方がほとんどです。手術は数分で終わり、1時間で帰宅可能です。切開した傷は2~3日でふさがります。

②裂肛切除術
 裂肛が深くなり潰瘍となってしまうと治りにくい状態となります。この場合、裂肛潰瘍部分を切除し、傷を肛門外までのばすことで、裂肛を切除した部位が治りやすい形に整えます。マイクリニックでは裂肛潰瘍部分を切除するのでなく、糸で結紮することでゆっくり脱落させ、新たな軟らかい傷とすることで日帰り手術を行っています。局所麻酔のみで施行可能で数分で終わります。手術後1時間で帰宅可能です。

③皮膚弁移動術(SSG)
 切れ痔が慢性となり肛門が瘢痕で狭くなってしまった場合に行います。裂肛瘢痕を切除し、その欠損部を肛門の皮膚をスライドさせることで覆い被せます。マイクリニックでは仙骨硬膜外麻酔(尾骨の間から麻酔薬を注射します)で日帰りで行っています。通常2~3時間の休憩が必要です。

痔ろうの手術

①開放術
 痔瘻の瘻孔を開放して治す治療法で一般的です。しかし痔瘻の部位や深さによっては肛門の変形や肛門機能の低下から選択できないことがあります。

②シートン法
 括約筋の手前まで瘻孔をくり抜き、括約筋を貫いている瘻孔に治療用のゴムを通す手術です。外来通院でゴムをゆっ くり締めていき、括約筋を貫いている瘻孔をゴムの力でゆっくり切除していきます。

 いずれも仙骨硬膜外麻酔で日帰りで行っています。翌日には仕事に行かれる方がほとんとです。

追記

 ALTA療法/アルタ療法は夢のような治療法ですが、他の治療と同様に合併症がないわけではありません。稀に直腸潰瘍などの合併症が起こることもありますので、施術には専門の資格が必要とされています。マイクリニックは日本大腸肛門病学会が推薦している認定施設で、その治療数は全国トップレベルです。切らずに注射だけで治していくので、その分、経験がものを言います。針先をすすめる際の指先から伝わる感覚や、注射を打つ際の指先に受ける抵抗などから、針先が痔核のどの位置にあるのかをしっかり見極め、症例ごと異なる痔核の状態に応じて注射の量を微妙に調整する必要があります。痔核の状態は人の顔と一緒で、千差万別です。血管成分が豊富なのか、粘膜脱型なのか、痔核の滑脱の程度、肛門の緊張具合などを総合的に判断し、注射の部位や量を見極めます。資格があるだけでは決して身につかない経験を要する治療だと言えます。目に見える痔核を切除していく治療とは根本的に異なります。治療を受けられる際には治療数の多い経験豊富な施設をお勧めします。

 マイクリニック大久保では、内痔核の硬化療法以外にも、あらゆる痔の治療に対応しております。そのすべてが日帰りで手術できます。

裂肛の手術


このページの一番上へ

アルタ療法 ALTA療法 ジオン注 痔の硬化療法なら静岡市の肛門科・マイクリニック大久保へ

マイクリニック大久保 各種保険適用

診療科: 消化器外科・肛門科・内科・小児科

     ALTA療法 アルタ療法 ジオン注 痔の硬化療法

医師:大久保雅之 大久保真二 大久保由美子

〒420-0923静岡県静岡市葵区川合2丁目1-20

TEL 054-263-5558   FAX 054-263-5559

アクセスマップ

Copyright(c) MY CLINIC OHKUBO All rights reserved.

静岡市の肛門科・内視鏡。痔のアルタ療法・ロゴ

院長Blog

アルタ療法医師向け発表会

分院Duoへのリンク

<

浜松市など静岡県西部の方はこちら

アルタ療法でマスコミに登場

マスコミ登場

県外から静岡にお越しの方へ"

ALTA療法/アルタ療法 ジオン注

携帯サイト
ケータイサイトはこちらから。