内視鏡 静岡県静岡市葵区 消化器外科・肛門外科・内科・小児科 大腸カメラ 内視鏡 ALTA療法/アルタ療法 ジオン注痔の硬化療法 痔の日帰り手術

  • みなさまへ
  • 肛門科・消化器外科・アルタ/ALTA
  • 小児科
  • 診療ご案内
  • HOME

痔の日帰り手術

はじめに

 マイクリニック大久保グループは年間1,600例を超える痔の日帰り手術を行っています。年間1,000例以上の手術を行うことで、様々なタイプの痔に対する経験やノウハウを蓄積し、いい治療を提供できる自負があります。「日帰り手術だからこんなもの」ではなく、入院手術に劣らない根治性や安全性に自信があります。

一言で痔って?

 痔は肛門にできる病気の総称です。ただし癌などの悪性腫瘍は除きます。中でも
  ①痔核
  ②裂肛
  ③痔瘻(じろう)
 がその代表です。

痔の日帰り手術について

マイクリニック大久保では、あらゆる痔の治療に対応しております。そのすべてが日帰りで手術できます。

追記

 ALTA療法/アルタ療法は夢のような治療法ですが、他の治療と同様に合併症がないわけではありません。稀に直腸潰瘍などの合併症が起こることもありますので、施術には専門の資格が必要とされています。マイクリニックは日本大腸肛門病学会が推薦している認定施設で、その治療数は全国トップレベルです。切らずに注射だけで治していくので、その分、経験がものを言います。針先をすすめる際の指先から伝わる感覚や、注射を打つ際の指先に受ける抵抗などから、針先が痔核のどの位置にあるのかをしっかり見極め、症例ごと異なる痔核の状態に応じて注射の量を微妙に調整する必要があります。痔核の状態は人の顔と一緒で、千差万別です。血管成分が豊富なのか、粘膜脱型なのか、痔核の滑脱の程度、肛門の緊張具合などを総合的に判断し、注射の部位や量を見極めます。資格があるだけでは決して身につかない経験を要する治療だと言えます。目に見える痔核を切除していく治療とは根本的に異なります。治療を受けられる際には治療数の多い経験豊富な施設をお勧めします。


「こんなことなら早く痔を治療すればよかった」

 ALTA療法/アルタ療法以外の痔の治療法としては、軟膏による薬物治療、痔を輪ゴムでしばり、2週間くらいで自然に落ちるのを待つゴム輪結さつ法、手術で痔核を切除する結さつ切除法などで治療します。
 薬物治療とゴム輪結さつ法は再発の可能性が少なくありません。結さつ切除法は痛みを伴い、合併症である出血が術後5~15日の間で起こりえるため、通常入院治療を必要とします。これに対してALTA療法/アルタ療法は再発率が低く、再発があっても繰り返し施行でき、術後出血の危険がない、とても優れた治療法なのです。
 硬化療法を受けられた患者さんは口々に、「痛くなかった、やってよかった、思ったより楽だった、こんなことなら早く治療すればよかった」とお喜びの言葉を口にされます。
 治療を受けてから初めてトイレに行ったときに、それまでとの違いにみなさん驚かれるようです。これまではトイレに行くたびに大変な思いをされていたわけですし、以前のような手術であれば2週間くらいの入院が必要でした。しかも手術は大変な苦痛を伴ったのですが、一切痛くないALTA療法/アルタ療法が登場して、痔の治療の世界は革命的に変わったといえるでしょう。

 当クリニックではデジタル肛門鏡を使って、患者さんの痔の患部がどのようになっており、治療によってどう変化したかを、モニターでご覧いただけます。明らかな治療効果を視覚的にもご確認いただくことができるでしょう。

 マイクリニック大久保では、内痔核の硬化療法以外にも、あらゆる痔の治療に対応しております。そのすべてが日帰りで手術できます。


裂肛の手術


肛門に関するホンマでっか!?

トイレは和式?洋式?
 肛門の閉鎖機構は、座っている時や立っている時にハッチが完全に開くようにはできていません。便意を感じてトイレに行くと、恥骨直腸筋がゆるむことでハッチが開いて排便できるようなっています。洋式トイレだと恥骨直腸筋が部分的にしか緩みません。一方、和式トイレだとよく緩み排便しやすくなリます。排便に相応しい姿勢はしゃがんだ和式スタイルで、自然な排便が期待できます。洋式に比べて和式では、いきみが少なくすみ、便秘にもいいのです。しかし和式ではしゃがむ姿勢により腹圧が肛門に余計にかかり、お尻に負担がかかってしまいます。でも短時間の排便であれば、お尻への負担は問題ありません。洋式ではゆっくり落ち着いて排便できるメリットがあり、温便座やウォシュレットで快適に排便ができます。洋式トイレの足元に踏み台を置いて和式姿勢を作り、排便を短時間で済ませるのが現代社会における理想の排便スタイルかもしれません。



温水便座の功罪
 肛門のかゆみの原因には蒸れ、頻便、下痢、痔などがあります。温水便座の不適切な使用はかゆみを悪化させてしまいます。かゆいところに温水を当てると一時的にかゆみが軽減されますが、長時間あててしまうと皮膚がいたんでしまい症状を悪化させます。石けんでの洗い過ぎも脂分がなくなり余計かゆみの原因となります。肛門が痒いのは肛門を清潔にしていないからだと思い込み、洗い過ぎてしまったり、消毒したりするのは逆効果です。肛門にかゆみを感じているときは温水による洗浄を弱めに10秒以内に済ませましょう。



排便後なかなかキレイにならない
 直腸性便秘の可能性があります。直腸性便秘とは肛門まできた便を出す力が衰えた状態です。排便後に何度も紙に便がつくのは、便を全部出し切れていないからかもしれません。排便が終わっても残便感が残ります。
 直腸性便秘は便意があってもトイレに行く時間がなかったり、排便を我慢する習慣がある人に多くみられます。便意は不思議と我慢するとなくなってしまうのです。便意がなくなると肛門に便が残ったままとなり、肛門がその状態に慣れてしまいます。肛門まで便がきたのに、その状態が普通と感じるようになり、便意を感じなくしてしまいます。また下剤や浣腸の使い過ぎでも排便をする力が弱くなり、直腸性便秘となります。
 規則正しく3食きっちりとり、睡眠をしっかりとり、朝食後に便意をもよおすように生活リズムを整えていきます。水分を多く含んだ食事を摂るようにしましょう。パンよりご飯がいいです。水はたくさんとっても小腸で吸収されてしまい、尿になってしまいます。

このページの一番上へ

アルタ療法 ALTA療法 ジオン注 痔の硬化療法なら静岡市の肛門科・マイクリニック大久保へ

マイクリニック大久保 各種保険適用

診療科: 消化器外科・肛門科・内科・小児科

     ALTA療法 アルタ療法 ジオン注 痔の硬化療法

医師:大久保雅之 大久保真二 大久保由美子

〒420-0923静岡県静岡市葵区川合2丁目1-20

TEL 054-263-5558   FAX 054-263-5559

アクセスマップ

Copyright(c) MY CLINIC OHKUBO All rights reserved.

静岡市の肛門科・内視鏡。痔のアルタ療法・ロゴ

院長Blog

アルタ療法医師向け発表会

分院Duoへのリンク

<

浜松市など静岡県西部の方はこちら

アルタ療法でマスコミに登場

マスコミ登場

県外から静岡にお越しの方へ"

ALTA療法/アルタ療法 ジオン注

携帯サイト
ケータイサイトはこちらから。