予防接種 静岡県静岡市葵区 消化器外科・肛門科・内科・小児科 大腸カメラ 内視鏡 痔の硬化療法(日帰り手術) ALTA療法/アルタ療法 ジオン注 成長ホルモン治療

  • みなさまへ
  • 肛門科・消化器外科・アルタ/ALTA
  • 小児科
  • 診療ご案内
  • HOME

オーダーメード予防接種|予防接種にお困りのお母さんへ

つい忘れがちな予防接種。オーダーメード予防接種をお勧めします。予防接種については、土曜日も行っております。

オーダーメード予防接種のすすめ


オーダーメード予防接種予防接種(例)

予防接種法、結核法に基づいて、予防接種を行う必要がありますが、あまりにも予防接種の数が多すぎるので、適切な接種時期からずれていたり、お母さんが忘れてしまっていて接種しなかったというケースが少なくありません。

子供が生まれると、予防接種券を保健所からもらえます。それぞれの予防接種が、接種できる期間が長いので、お母さんから見てみれば、どの予防接種を先にして、どの予防接種をどのくらい間隔をあけて接種すればよいのかとても悩んでいるのが現状です。予防接種の内容や項目の変更も頻繁です。また一定期間の間に接種しなければ有料になる予防接種もあります。予防接種の内容は、医療関係者でなければ理解できないのではないかと思うほど複雑になってきています。
お母さんたちは自己防衛しなければ、予防接種によって子供たちの健康を守ることができなくなってきています。

そこでマイクリニック大久保では、一人ひとりのお子さんに対して、この時期にこの予防接種をしましょうというスケジュールを立てて、適切な予防接種のお手伝いをしています。

お子さんへの予防接種はこんなにたくさんあります


予防接種の数が多すぎて……

BCG
結核予防法に定められた予防接種。他の予防接種に比べて接種期間が6カ月間と短いので、過ぎてしまうと有料で接種しなければなりません。発熱、接種部位の腫れといった副反応が出ることがありますが、時間の経過とともに治りますのであまり心配する必要はないでしょう。他の予防接種の副反応も同様です。
三種混合
1~4週間おきに3回接種して、追加で1年後に接種する必要があります。この追加接種を忘れてしまう人が多いようです。3回の接種だけでも免疫はできるのですが、追加接種を行わなければ、最初の免疫の効果は半減してしまうので、追加接種は忘れずに行う必要があります。
ポリオ
経口で行うタイプの予防接種です。2回接種しなくてはいけませんが、静岡市では4月と9月に限定されていますので、早めに予約を入れたほうがよいでしょう。下痢をしているお子さんは接種することができません。
MRワクチン
以前は別々に接種していた麻疹と風疹のワクチンを、混合ワクチンとしたものです。麻疹は1回だけでは免疫がつかないのではないのかと考えられているため、1歳のお誕生日を過ぎたら1回目を、2回目は就学前の1年間に接種することになっています。
日本脳炎
日本脳炎ワクチンは接種を停止していたのですが、2009年6月から新種のワクチンを使用して再開されました。3歳のお誕生日を迎えたら2回接種します。その後追加接種として1年後に接種することになっていますが、これを忘れる人が少なくありません。また日本脳炎ワクチンの接種が再開されたこと自体を知らないお母さんもいるようです。
水ぼうそう、おたふく(任意接種)
ご希望の方だけに、有料で接種します。ワクチンで作った免疫は次第に低下しますが、実際に病気にかかってつけた免疫は自分のものとして一生もちますから、「保育園や幼稚園で実際にかかって免疫をつける」という考え方もあると思います。どうしても早い時期から保育園に行かなければならないようなケースでは、接種することも考えられるでしょう。
Hibワクチン(任意接種)
インフルエンザ菌感染を防ぐために開発された新しいワクチンで、2008年11月から日本でも導入されました。開始年齢によって摂取回数が変わるという少し変わったワクチンです。料金は1回8600円で接種回数は1回から4回です。合言葉として、「おじいちゃんおばあちゃん、赤ちゃんが生まれたらHibワクチンをお祝いに!」というキャッチフレーズがあります。
Hibワクチンを接種する人の数はだんだん増えてきています。1歳未満で保育園に通うようなお子さんは打っておいた方が良いかもしれません。このワクチンは、他の定期予防接種と一緒に接種することができます。

予防接種については、土曜日も行っております。
以上の病気は、かかってしまうと重篤な症状になる病気も多いので、予防接種は万が一の場合に備えて保険をかけるようなものです。

すべてのお母さんへ!
お子さんの笑顔を守るために予防接種を忘れずに。

このページの一番上へ

アルタ療法 ALTA療法 ジオン注 痔の硬化療法なら静岡市の肛門科・マイクリニック大久保へ

マイクリニック大久保 各種保険適用

診療科: 消化器外科・肛門外科・内科・小児科

医師:大久保雅之 大久保真二 大久保由美子

〒420-0923静岡県静岡市葵区川合2丁目1-20

TEL 054-263-5558   FAX 054-263-5559

アクセスマップ

Copyright(c) MY CLINIC OHKUBO All rights reserved.

静岡市の肛門科・内視鏡。痔のアルタ療法・ロゴ

院長Blog

アルタ療法医師向け発表会

分院Duoへのリンク

浜松市など静岡県西部の方はこちら

アルタ療法でマスコミに登場

マスコミ登場

県外から静岡にお越しの方へ"

ALTA療法/アルタ療法 ジオン注

携帯サイト
ケータイサイトはこちらから。