予防接種 静岡県静岡市葵区 消化器外科・肛門科・内科・小児科 大腸カメラ 内視鏡 痔の硬化療法(日帰り手術) ALTA療法/アルタ療法 ジオン注 成長ホルモン治療

  • みなさまへ
  • 肛門科・消化器外科・アルタ/ALTA
  • 小児科
  • 診療ご案内
  • HOME

オーダーメード予防接種|予防接種にお困りのお母さんへ

つい忘れがちな予防接種。オーダーメード予防接種をお勧めします。予防接種については、土曜日も行っております。

オーダーメード予防接種のすすめ


オーダーメード予防接種予防接種(例)

予防接種法、結核法に基づいて、予防接種を行う必要がありますが、あまりにも予防接種の数が多すぎるので、適切な接種時期からずれていたり、お母さんが忘れてしまっていて接種しなかったというケースが少なくありません。

子供が生まれると、予防接種券を保健所からもらえます。それぞれの予防接種が、接種できる期間が長いので、お母さんから見てみれば、どの予防接種を先にして、どの予防接種をどのくらい間隔をあけて接種すればよいのかとても悩んでいるのが現状です。予防接種の内容や項目の変更も頻繁です。また一定期間の間に接種しなければ有料になる予防接種もあります。予防接種の内容は、医療関係者でなければ理解できないのではないかと思うほど複雑になってきています。
お母さんたちは自己防衛しなければ、予防接種によって子供たちの健康を守ることができなくなってきています。

そこでマイクリニック大久保では、一人ひとりのお子さんに対して、この時期にこの予防接種をしましょうというスケジュールを立てて、適切な予防接種のお手伝いをしています。

お子さんへの予防接種はこんなにたくさんあります


予防接種の数が多すぎて……

ヒブ(Hib)ワクチン
ヒブ(ヘモフィルス・インフルエンザ菌b型)感染症を予防するワクチンです。鼻やのどにいるヒブが血液の中に入り、細菌性髄膜炎や細菌性肺炎などを起こします。中には死亡や重い後遺症が残ることもあります。
小児用肺炎球菌ワクチン
鼻やのどにいる肺炎球菌が血液の中に入り、細菌性髄膜炎や細菌性肺炎などを起こします。中には死亡や重い後遺症が残ることもあります。 重い中耳炎の原因にもなります。
B型肝炎ワクチン
B型肝炎ウイルスを持つ母親だけでなく、家族やお友達などからも感染します。肝炎になると、疲れやすくなり、黄疸がでます。慢性化すると肝硬変や肝臓がんにつながります。
ロタウイルスワクチン(任意接種)
ロタウイルス胃腸炎を予防するワクチンです。感染力が強いため、多くの乳幼児が感染します。激しい嘔吐や下痢、発熱を伴い、脱水症状やけいれんを起こしたり、脳症や脳炎等を合併することもあります。
四種混合(DPT-IPV)ワクチン
4種類のワクチンが混合されています。ジフテリア菌がのどについて、気道がふさがって息ができなくなったり、菌の毒素で神経麻痺や心臓の筋肉の炎症を合併して死亡することもあります。破傷風菌が傷口から入って、菌の毒素で全身の筋肉がけいれんし、最終的には後ろに大きく弓なりの姿勢になり、痛みと苦しさを伴います。呼吸ができず、死亡することもあります。百日咳菌がのどなどにつき、かぜのような症状で始まり、咳が長く続くようになります。けいれんや肺炎を起こしたり、1歳未満、特に6か月以下では無呼吸で死亡したり脳症を起こすこともあります。ポリオウイルスに感染しても、ほとんどの場合は発病しないか、発病しても多くはかぜ症状ですが、急性灰白髄炎といって稀に手足に麻痺を起こし、運動障害が残ることがあります。
BCGワクチン
結核菌が、主に肺について肺結核を起こします。子供では脳を包む髄膜につく結核性髄膜炎や重い肺の病気(粟粒結核)で重症になることもあります。
MRワクチン
2種類のワクチンが混合されています。麻疹(はしか)は、熱、鼻水、咳などの症状の後、3~4日目から全身に発疹が出て、高熱が7~10日間続きます。気管支炎、肺炎、脳炎等を合併しやすく死亡することもあります。風疹は体に赤い発疹がでます。熱はでないこともあります。稀に脳炎や血小板減少性紫斑病という合併症が起こることがあります。妊娠初期の女性がかかると出生児への障害の原因となります。
水痘(みずぼうそう)ワクチン
水痘帯状疱疹ウイルスの感染により熱がでて、かゆみのある虫刺されのような赤い発疹の後、水ぶくれになり全身に広がります。7日程度でかさぶたになります。脳炎や肺炎、皮膚の重い細菌感染症を発症することもあります。
おたふくかぜワクチン(流行性耳下炎)(任意接種)
耳下腺の腫れが目立ちますが、全身の炎症も起こします。無菌性髄膜炎、一生治らない難聴、脳炎の合併症があり、脳の後遺症が残ることもあります。
日本脳炎ワクチン
感染した豚の血から、蚊を介して日本脳炎ウイルスが感染し脳炎を発症します。多くの場合は無症状ですが、脳炎を起こすと、後遺症を残すことが多くなります。
インフルエンザワクチン(任意接種)
主に冬に流行します。高熱を伴い、気管支炎、肺炎などの呼吸器の病気や、脳炎、脳症を起こし重症化しやすい病気です。

予防接種については、土曜日も行っております。
以上の病気は、かかってしまうと重篤な症状になる病気も多いので、予防接種は万が一の場合に備えて保険をかけるようなものです。

すべてのお母さんへ!
お子さんの笑顔を守るために予防接種を忘れずに。

このページの一番上へ

アルタ療法 ALTA療法 ジオン注 痔の硬化療法なら静岡市の肛門科・マイクリニック大久保へ

マイクリニック大久保 各種保険適用

診療科: 消化器外科・肛門外科・内科・小児科

医師:大久保雅之 大久保真二 大久保由美子

〒420-0923静岡県静岡市葵区川合2丁目1-20

TEL 054-263-5558   FAX 054-263-5559

アクセスマップ

Copyright(c) MY CLINIC OHKUBO All rights reserved.

静岡市の肛門科・内視鏡。痔のアルタ療法・ロゴ

院長Blog

アルタ療法医師向け発表会

分院Duoへのリンク

浜松市など静岡県西部の方はこちら

アルタ療法でマスコミに登場

マスコミ登場

県外から静岡にお越しの方へ"

ALTA療法/アルタ療法 ジオン注

携帯サイト
ケータイサイトはこちらから。